各種機器ご利用にあたって

HOME > 各種機器ご利用にあたって

ピンホール検査機及びコロナ放電表面改質装置について

 

◆爆発性の物質や引火性の高いガスなど、周囲に危険物がある場所で機器を使用しないで下さい。
爆発性の物質や引火性の高いガスなど、周囲に危険物がある場所で使用すると、爆発事故や火災の原因になります。

 

◆規定の電源電圧でご使用下さい。
電源電圧を規定外の電圧で使用すると、感電・火災・故障の原因になります。


◆不安定な場所に機器を置かないで下さい。
落ちたり、倒れたりすると、感電・けが・火災の原因になります。落としたり倒したりして、機器に損傷が生じた場合は、直ちに機器の電源スイッチを切り、電源プラグをACコンセントから抜いて下さい。


◆機器を改造しないで下さい。
改造すると、感電・火災・故障の原因になります。改造した場合は、修理に応じられないことがありますので、ご注意下さい。


◆煙、異臭または異音がした場合は、直ちに機器の電源スイッチを切り、電源プラグをACコンセントから抜いて下さい。
そのまま使用すると、感電・火災の原因になります。煙や異臭が出なくなることを確認してから、当社に修理をご依頼下さい。


◆機器に水などを掛けたり、濡らしたりしないで下さい。
濡れたまま使用すると、感電・火災・故障の原因になります。
水などが掛かった場合は、直ちに機器の電源スイッチを切り、電源プラグをACコンセントから抜いて、当社に修理をご依頼下さい。

 

◆濡れた手で電源コードのプラグをさわらないで下さい。

濡れた手でプラグをさわると、感電の原因になります。

 

◆機器のカバーやパネルを外さないで下さい。

内部には、電圧の高い部分があり、さわると感電・故障の原因になります。

点検・修理は、当社にご依頼下さい。

 

◆機器のアース端子は、必ず大地へアースして下さい。

アースを取らないで使用すると、感電・火災・故障の原因になります。

アースはD種接地(100Ω以下)以上の仕様で単独施工し、直接大地にアースして

下さい。

※ガスなど、引火性の高い物質の送配管や建造物の支柱などを利用した接地施工は、厳禁いたします。

 

◆機器通電中は、いかなる場合であってもコード類の抜き差しは厳禁いたします。

コード類の抜き差しは、電源スイッチを『切って』から行って下さい。厳守しないと感電・火災・故障の原因になります。

 

◆機器通電中は、いかなる場合であっても高電圧が通電されている高圧コード、電極

などに体を近づけたり、さわったりしないで下さい。

厳守しないと感電や事故の原因になります。

 

◆機器を保守・点検する場合は、作業前に必ず機器の電源スイッチを『切って』下さい。

 

◆病気または病弱、睡眠不足などで気分のすぐれない人を、機器の取扱いに従事させ

  ないで下さい。

気分のすぐれない場合は、感電やけがの原因になります。

 

◆誤って感電した場合は、速やかに医師の診断をお受け下さい。

◆コード類の抜き差しは、必ずプラグを持って行って下さい。
コードを直接引っ張るとコードが傷つき、感電・火災・故障の原因になります。

 

◆長時間ご使用にならない場合には、安全のため電源プラグをACコンセントから抜いておいて下さい。

 長時間差し込んだままにしておくと、コンセントと電源プラグとの間に埃が溜り、感電・火災・故障の原因になります。


◆故障したまま機器を使用しないで下さい。
故障したまま使用すると、感電・火災の原因になります。


◆機器はオゾンを発生します。
オゾンは異臭を放ち、人体に悪影響を及ぼします。狭い所や密閉された所などで使用する場合は、換気を十分にして、適切な処理を行ってご使用下さい。


◆規定の動作範囲でご使用下さい。
動作範囲外で使用すると、故障の原因になります。

使用できる温度、湿度の範囲は次の通りです。

    温  度:0 ℃~40 ℃

    相対湿度:80% 以下


◆湿気やほこりの多い場所で使用しないで下さい。
電極部の湿気や汚れは、電極とアース間の絶縁を低下させ、高電圧の電圧低下や、改質処理に悪影響を与えます。

電極周りは、常に乾燥し清潔であることが必要です。

また、湿気やほこりの多い場所で使用すると、感電・火災・故障の原因になり

ます。

 

◆ノイズに付いて

火花放電は広い範囲の電磁波を発生します。

 テレビやパソコンなど、電子機器の近くで機器を使用すると、これらの機器に電磁障害を与えることがあります。

ノイズを嫌う電子機器の近くに機器を据え付けたり、電源の同一コンセントのご使用は避けて下さい。

 

◆機器のカバーやパネルを外さないで下さい。

内部には、電圧の高い部分があり、さわると感電・故障の原因になります。

点検・修理は、当社にご依頼下さい。

 

◆本装置は、高圧ケーブルの長さによって精密な調整を行っています。途中で切ったり、延長したりしないで下さい。

 

◆電極部の絶縁材は柔らかいので、金属や硬い物にぶつけたりしないように注意してください

 

 

 

 

 

 

デモ機貸出

各種機器ご利用にあたって

  • ピンホール検査機
  • コロナ放電表面改質装置

 

当社の強み

top